日本コカ・コーラ初のアルコール飲料、檸檬堂は2019年秋より全国展開!

檸檬堂

“出典:日本コカ・コーラ”

日本コカ・コーラが九州地区限定で販売していた缶酎ハイを、今秋から全国での発売を検討していることが22日、分かった。
拡大が続く缶酎ハイ市場への本格参入を目指す。
九州での試験的な販売が好調だったことを受け、全国展開する。

“引用:共同通信”




九州限定商品「檸檬堂(れもんどう)」いつから売っていた?

日本コカ・コーラ初のアルコール飲料「檸檬堂(れもんどう)」
九州では2018年5月28日より発売されていたようです。

檸檬堂にはどんな種類があるの?

檸檬堂には4種類あります。

定番レモン アルコール度数5% レモン果汁10%
塩レモン アルコール度数7% レモン果汁7%
はちみつレモン アルコール度数3% レモン果汁7%
鬼レモン アルコール度数9% レモン果汁17%

定番レモンは普通のレモンサワー
塩レモンはソルティドッグみたいな?
でも塩もサワーの中に入っちゃってるんだから、ちょっと違うかな。

はちみつレモンは酒好きの人にはほとんどジュースでしょうね。
女の子に人気出そうですね。

鬼レモン
はアルコール度数も9%と高いですが、レモン果汁も17%あるのでかなり飲みごたえがありそうですね。
この商品だけ、今年の2月18日から販売されているようです。

【コカ・コーラ檸檬堂CM 阿部寛】

ここでちょっと疑問が。

はちみつレモンって、結構前にブームになりましたよね。
最近あまり見ないけど、少なくともコカ・コーラの商品じゃなかったはず。
どっかで商標登録してないの?




元祖はちみつレモンはどこの商品?商標登録は?

1986年9月にサントリーが冬場のホット飲料として発売したのが元祖になるようです。
これは欧米の「レモネード」の類似商品になるようですね。
言われてみればはちみつレモンってレモネードじゃん!

そして、スタートは冬場のホット飲料だったはちみつレモンが、夏場のやスポーツ後の清涼飲料水としてブレイク!

サントリーのコミカルなCMもあり、ブームのピークの1989年にはサントリーだけで1500万ケースという大ヒットとなりました。

【サントリーはちみつレモンCM 1989】

CMの内容は覚えてないけど、この「は~ちみつレーモン」というフレーズは覚えてますね。
このCMに出てるお姉さん達も今じゃ50歳オーバーなんですね…

そして、肝心の商標登録の方ですが…

「はちみつ」と「レモン」という原材料名を組み合せただけの商品名は商標登録を拒否されてしまった(「はちみつレモン」自体は、その後バンダイがおもちゃ等の分類で商標登録)。

“引用:Wikipedia”

こういう事情があったんですね~
そう言えば一時期あっちこっちでバッタもん(?)のはちみつレモン見ましたもんね。

あれだけブームになったのに今じゃほとんど見ない。
まるで一発屋の芸能人みたいじゃない?

歌にしろお笑いにしろ芸能は飽きられていくものだけど、はちみつレモンが美味しいのは変わらないはずなのに消えちゃうってどういうこと?

ちょっと物珍しい飲み物で一気にブレイクしただけで、冷静になってみればそこまで日本人好みの味じゃ無かったってことなのかな?

檸檬堂の値段はいくら?

内容量350ml、小売価格150円で販売しています。

現在はネット通販でのみ檸檬堂を購入可能です。

檸檬堂の全国展開はいつから?

今秋からという情報だけで、詳細な日時は現在は不明です。
詳しい情報が入りましたら追って更新します!