無敗の三冠馬ディープインパクト17才で死去。武豊「特別な馬だった」

ディープインパクト

2005年に史上2頭目の無敗のクラシック三冠馬となったディープインパクト号が繋養先の社台スタリオンステーションで急死した。

父:サンデーサイレンス 母:ウインドインハーヘア
栗東:池江泰郎厩舎所属
馬主:金子真人ホールディングス株式会社
生産者:北海道安平町ノーザンファーム
戦績:14戦12勝 重賞10勝(GI7勝)
JRA総獲得賞金:14億5455万1000円




繋養先の社台スタリオンステーションで安楽死処置

ディープインパクトは28日にかねてより治療中だった頚部の手術を受けました。
手術は無事成功し術後の経過も良好だったが、翌29日の午前中に起立不能に。

30日にレントゲン検査を行った所頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから安楽死となりました。
脚の故障が即、死に繋がってしまうガラスの生き物サラブレッドの宿命ですね。

関係者の追悼コメントまとめ

全14戦のたずなを握ったジョッキー武豊
「体調が良くないと聞いていたので心配していたのですが残念です。
私の人生において特別な馬でした。
彼にはただただ感謝しかありません。」

ディープインパクトを管理した池江泰郎元調教師
「今朝連絡を受けました。
今年は20頭くらいしか種付けをせず、その後も大事にしてもらっていたと聞いたのですが。
まさか、こんなに早く逝くとは。
思い出は沢山あって、何を喋って良いのか分からない。
この馬には色んなものをもらった。」

現役時代に担当した市川明彦厩務員
「種牡馬として日本の競馬界をリードしてくれましたし、日本の競馬を変えてくれた馬。
ちょっと早過ぎますね。
長生きしてほしかったです。残念です。」

生産者のノーザンファーム代表・吉田勝己氏
「ノーザンファームの過去の生産馬の中でも間違いなく最高の競走馬でした。
種牡馬としても大成功していただけに本当に残念です。
心よりご冥福をお祈りします。」

馬主の金子真人氏
「無敗の三冠馬をあっさり成し遂げてくれたことにはとても感動しましたし、感謝しています。
最も感動したのは凱旋門賞で負けて帰国した直後にジャパンカップ、有馬記念を連勝してくれた
ことです。
その直後、あまり前例のない4歳での種牡馬入り後も大成功してくれました。
マカヒキとワグネリアンの2頭のダービー馬も私にプレゼントしてくれました。
突然の訃報に涙が止まりません。心から冥福を祈ります。」

父サンデーサイレンスも16才で死去

ディープインパクトは2002年3月25日北海道早来町のノーザンファームで生まれました。
没日が2019年7月30日なので、17才ということになります。

父親のサンデーサイレンスは2002年8月19日に16才で亡くなっています。
父と子はこの世で5ヶ月弱だけ生きている時期が重なってたことになりますね。

サラブレッドの平均寿命は約20年なので、平均よりも早い旅立ちとなってしまいました。




サラブレッドはなぜ骨折すると安楽死処分となるのか

JRAなどの競馬で活躍した馬が足を骨折したので「予後不良」と診断され安楽死、というニュースは度々目にすることがあると思います。

それではなぜ足を骨折したら安楽死させなければならないのか?
人間の感覚で言うと骨折と死は隣り合わせにあるものではありません。

競走馬は平均して400㎏~500㎏の体重があり、1本の足で100㎏~150㎏の体重を支えています。
その為1本の足でも骨折すると、他の3本の足にその負荷がかかってきます。
そうすると、他の健康な足にも次々と故障が発生するという悪循環に陥ってしまいます。

支えられないなら寝てれば良いじゃない。
我々人間は病気の時は治るまでベッドで寝ているでしょ?

サラブレッドの場合、寝たきりになると床ずれになって感染したり腐ったり、そして何と言っても食事が出来なくなってしまいます。
いずれにしても回復の見込みが薄いのです。

更に言えば、それだけの治療をする為にはマンパワー及び費用がかかります。
それに見合うリターンが無いと判断されれば…という現実もあります。

ディープインパクトほどの馬になればそういうことも無いでしょうから、治る見込みがあるなら治したと思います。

サラブレッドは常に自分の体重を細い4本の足で支えていかないと生きていけない宿命を背負って生きているのです。

テンポイントの闘病生活

競走馬の安楽死と聞くと、ボクはこの馬の闘病生活を連想してしまいます。
1977年度の年度代表馬テンポイントです。

ボクはこの馬の現役時代をリアルタイムで知っているわけではありません。
しかしサラブレッドの安楽死の話になると、過去の例としてよく取り上げられるのがテンポイントの闘病生活の話です。

テンポイントは1977年度の年度代表馬になるくらいですから、当然一流の競走馬です。
トウショウボーイ・グリーングラスと共に、TTG時代と呼ばれる一時代を築いた馬で、実績もさることながら社会現象となるぐらいの人気を誇った馬だったようです。

そのテンポイントが海外遠征前の壮行レースとなった第25回日本経済新春杯のレース中に骨折して競争中止。
折れた骨が皮膚から突き出すという重度の骨折で、日本中央競馬会の獣医師は安楽死を勧めます。

しかし馬主が悩み「明日の朝まで待って下さい」と保留している間に、日本中央競馬界にはテンポイントの助命嘆願の電話が次々と寄せられ、電話回線がパンクする寸前の事態になりました。

これを受けて日本中央競馬会は、成功確率数%と認識しつつもテンポイントの手術を行うことを決定します。

日本中央競馬会はテンポイントの手術と治療のために33名の獣医師からなる医師団を結成するという前代未聞の治療体制を敷き、手術を行います。

手術の内容は左後脚を切開し、特殊合金製のボルトを使って折れた骨を繋ぎ合わせた後でジュラルミン製のギプスで固定するという内容のものでした。

手術は成功し、医師団は「生きる見通しが強くなった。」と発表。
3本の脚では体を支え切れないので、ベルトで体を吊るして軽減するという処置を取ります。

闘病中のテンポイント

しかし、テンポイントが体重をかけた際にボルトが曲がり、折れた骨がずれたままギプスで固定されてしまっていました。
結局患部が腐敗して骨が露出しているのが発見され、症状は悪化の一途を辿ります。

最終的には治療が断念され、それまで行われていた馬体を吊り上げて脚に体重がかからないようにする措置を中止。
テンポイントを横たわらせます。

最後まで安楽死は行われず、自然死という形で死去。
骨折前に500㎏近くあった馬体も、最終的には100㎏以上減少した300㎏台まで痩せ衰えてしまいました。

このような過去の前例がある為、安楽死もやむなしという判断になっているのだと思われます。

グランプリホース・ハマノパレード

前述のテンポイントの時代より遡ること5年。
1973年の宝塚記念を制した「ハマノパレード」という競走馬がいました。

宝塚記念を制した次のレースに、高松宮杯(現在のGⅠ高松宮記念の前身)に出走します。
残り200メートルの地点で転倒・骨折し、競争中止に。
レース後にハマノパレードは予後不良の診断が下ります。

現在は予後不良の場合は薬物による安楽死の措置が取られますが、当時はそのような慣例がなかった為、翌日名古屋市近郊の屠殺場へ送られ、苦痛の軽減処置も施されずに屠殺されました。
屠殺場とは、家畜を殺して食肉に加工する為の施設のことです。

その馬肉は同日中に「さくら肉『本日絞め』400キログラム」という品目で売りに出されていたのをスポーツニッポンが「これはハマノパレードのものではないのか?」とスッパ抜き、大きな反響を呼びました。

その後、故障した競走馬の屠殺が原則的に行われなくなり、安楽死措置のシステムが整備されていく流れになります。

個人的には最終的に肉にするのか埋葬するのかというのであれば、どうせなら食糧にした方が良いとも思います。
ただ苦痛を取り除く処置はして然るべきと感じます。




競走馬の99%は天寿を全う出来ない現実

2018年には7242頭のサラブレッドが生産されました。
そして競走馬としてデビューし、良い成績を残して種牡馬になる。
これが彼らサラブレッドのサクセスストーリーです。

ディープインパクトみたいな種牡馬になれば、餌の心配はすることは無いし、体の手入れもしてもらえるし、人間が交尾の相手を探して連れてきてくれる。
まさに王様のような一生が約束されます。

しかし99%のサラブレッドは競走馬としてのピークを過ぎた4歳頃には殺処分の対象となります。
居酒屋で出てくる馬刺しもそんな一頭かもしれません。

馬は賢いから、人間によく懐くから、殺すのは可哀そうだ、という風潮には首を傾げてしまいます。
懐かない豚や鶏も我々の血を吸う蚊も全部同じ命でしょ。

助けてあげられるなら助けてあげれば良いし、それ自体は素晴らしいことだと思います。

まとめ

1年先輩の種牡馬「キングカメハメハ」も今年種牡馬としての引退を発表しました。
ディープインパクトの直前の2010年と2011年のリーディングサイアーに輝いています。

2012年~2018年まではディープインパクトが1位で2位がキングカメハメハ。
2011年の2位はディープインパクト。

つまりこの10年はディープとキンカメの2大巨頭の時代だったわけです。
その2頭がいなくなってしまいました。

キングカメハメハには2018年リーディング4位の「ロードカナロア」という後継種牡馬がいます。
しかし現在ディープインパクトには有力な後継種牡馬がいません。

サンデーサイレンス系という意味ではまだまだ安泰でしょうが、ディープインパクト系は果たしてどうなるのか?
これからの種牡馬の動きにも注目です。