運転中にスマホがいじれる?ハンズオフ運転可能なプロパイロット2.0

スカイラインGT

日産自動車は2019年7月16日(火)、先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載した新型「スカイライン」を発表した。2019年9月から発売を開始する。

“引用:WEB CARTOP”




プロパイロット2.0とは?

「プロパイロット」は日産が開発する自動運転技術。
前を走行している車との車間距離を把握して、停車したり前進したりを自動で促す機能です。

高速道路の同じ車線での走行を自動運転によってサポートする機能で日本初の技術です。
2016年のG7伊勢志摩サミットにてその高度な技術がお披露目されて以来、日産の新型車が出るたびに話題になっています。

“引用:MOBY”

現状ではあくまで促す役割。

プロパイロット2.0の安全性は?

高速道路上を、ハンドルを握らずペダル操作もせずに走行したとすると、ドライバーの状態は助手席の乗員に近づくといえる。そこで気になるのは、ドライバーの居眠りについてだ。眠くなる可能性はあるが、プロパイロット2.0は自動運転ではないから、ドライバーは通常の運転のときと同じく、周囲の交通の流れや車両の状態に注意を払わなければならない。

そこでプロパイロット2.0は、前述のドライバーモニターカメラを装着した。ドライバーのまぶたが閉じたり、よそ見をすると警報を発する。数回試みても反応がないときは、ドライバーに緊急事態が発生したと判断して、緩やかな減速の後に停車する。

“引用:価格.com”

前述した通り完全な自動運転では無いので、あくまで促す役割。
ドライバーのまぶたを基準にするなら、運転手がサングラスをしていても判定出来るのですかね?




自動運転レベル3でのスマホ・カーテレビの操作を解禁

政府は、自動運転レベル3(システムの要請に応じて自動運転)の技術を実用化するための
道路交通法改正案を閣議決定し、今国会に提出する。

自動走行中、一定の条件を満たさなくなった場合、運転者が直ちに適切に対処することができることを条件に、安全運転の義務となっているスマートフォンやカーテレビなどを操作・注視することを解禁する。

このように、随時法改正は進んでいます。

まとめ

今の所、自動運転と言っても完全な自動運転が実現出来ているわけではない。
しかし、この先間違いなくそういう時代は来るでしょう。

そして、完全な自動運転が出来る車が出てきても、間違いなく事故は起きると思います。
その時の責任は誰にあるのか?
運転手?車を販売したメーカー?

そういった法改正も進んでいくのでしょうが、実際に事故が起きてから出来る法律というのもあると思います。
そういう時代が来れば、自動運転用の自動車保険というのも出てくるでしょうね。

そしてこの自動運転というのが実現すれば、我々タクシードライバーの仕事は無くなるのでは?と言われています。
完全になくならないにせよ、間違いなく減るでしょう。

その日が来るまでに、しっかりと準備しておきたいと思います。
まぁ本当はそれが来ようが来まいが準備するんですけどね。





2019年7月17日 運転中にスマホがいじれる?ハンズオフ運転可能なプロパイロット2.0 はコメントを受け付けていません。 雑記